2010年10月31日

IS01を手に入れました

IMG_0541IMG_0541 Photo by imudak



世の中がIS03やgalaxyで盛り上がっている中、気がつけばIS01が端末代金0円で叩き売られています。

金曜日の夜、近くのケーズデンキで何気なく寄った携帯電話コーナーでこの事に気づいた私は、内心激しく興奮していました。
急いで次の項目を確認。

0円って本当0円?
 →プランE+IS NET+安心サポート加入が条件
 →事務手数料はかかります。2000円強。

ランニングコストは?
 →ISデビュー割キャンペーン中なので1024円引き。
 →通話、携帯回線でデータ通信しなければ、安心サポート+ユニバーサル通信販売料のみ

OSは1.6と最新の2.2よりだいぶ低いですが、それは了解済み。何より36000円の端末が0円。
Wifiのみでいけばコストも殆どかからない。これを見逃す手はあるのか?いやない。

契約可能時間外だったので、一旦帰宅。なにか落とし穴はないか調べてみました。

…落とし穴はないようです。

WiFiオンリーで運用するとすると、以下の制限があります。

 携帯Eメールの送受信できません。
  →そもそも使わない。
 Cメールの送信できません。受信のみできます。
  →同上
 ケータイアップデートできません。アップデート時に携帯データ通信をONにする必要があります。
  →要検討。
  →アップデート時のパケット代は無料らしいので、その時だけONにして他のアプリが繋がないように気をつければいいか。

さらにお得な情報も見つけました。

郵便局のau紹介受付センター
 http://www.au.kddi.com/toritsugi/
に、契約前に電話しておくと、数ヶ月後に2000円分のギフトカタログが貰えます。

ということで、準備万端で契約に向かいました。
物好きにも、台風が近づく午後3時過ぎの事です。

ケーズデンキに着くや否や、担当のお姉さんにIS01を契約したい旨告げると、

「一台ですか?」

…どうやらIS01は、複数台契約がデフォルトのようです。
からくりは、というと、

 無料通話付きのプランSSで、契約制限一杯の5台まで購入。
 分け合いプランにする。
 既に持っているメインの携帯で、無料通話1000円*5台分=5000円をゲット。

ということのようです。

自分はメインの携帯は分け合いできない、プランEにしてしまっているので、この作戦は使えません。

ということで、一台のみの珍しい?契約となりました。

このお姉さん手慣れたもので、どうせネット接続しかしないだろうとの前提で話をします。
安心サポートも来月には解約できます、とか、電話番号決められるけど300円かかります、いりませんね?とかスパスパ処理してくれます。
この端末買うような人は事前調査が行き届いている人ばかりだろうし、さんざん鍛えられたんでしょうね。

結局一時間かからずにIS01ゲットできました。

すぐに、
 設定>通信>モバイルネットワーク設定>データ通信
をOFFにします。これで一安心。

あとは自宅でゆっくり設定。

IMG_0548IMG_0548 Photo by imudak



詳しい話はまたいずれ、としますが、OS 1.6とは思えない綺麗さと使いやすさ。

細かな不満はありますが、ザウルスの経験を生かしたSHARPの作り込みがいい感じです。
この端末を入り口に、スマートフォンユーザも増えていくのではないでしょうか?
一度使ったら戻れないのが、スマートフォンですから。
ラベル:android IS01
posted by imudak at 00:25| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

Magic Trackpad 設定編

さて、Magic Trackpad設定編です。

説明書にはOS X 10.6.4以上にしろ、と書いてあります。
ですが、私はいつも最新版を心がけています。

よってここは軽くスルーして、システム環境設定を開きます。

BluetoothAssintant1BluetoothAssintant1 Photo by imudak



この画面から、まずは中段の「Bluetooth」を選びます。

BluetoothOnBluetoothOn Photo by imudak



真ん中の「新しいデバイスを設定」を押します。

BluetoothAssintant1BluetoothAssintant1 Photo by imudak




設定アシスタントが立ち上がり、「Bluetoothデバイスを検索中…」となります。

ここで、Magic Trackpadの電源ボタンを、青いLEDが点滅するまで長押しします。
しばらくすると、

BluetoothAssistant2BluetoothAssistant2 Photo by imudak




「Apple Wireless Trackpad」がリストに現れます。
しばらく検出は続きますが、目的のものは出てきたので「続ける」を押します。
すると、元のシステム環境設定画面に戻ってきます。

BluetoothAssintant1BluetoothAssintant1 Photo by imudak



ここで問題発生。
説明書は「トラックパッド」という項目がある前提で次の操作が書いてあるのですが、そんな項目はありません。
ここが今日一番のハマりポイントです。
 ペアリングが失敗した?
 初期不良?
などとしばし悩む事になります。


さてここでの正解は、

 改めてソフトウエアアップデートをする

です。ソフトウエアアップデートをすると、「Magic TrackpadおよびMulti-Touch…」が現れます。

SoftwareUpdate2SoftwareUpdate2 Photo by imudak




事前にアップデートしてあっても、Magic Trackpadをペアリングした後でないとこの項目は現れません。
アップデートには再起動が必要なので、ご注意を。

SoftwareUpdate2SoftwareUpdate2 Photo by imudak



さて、ようやくシステム環境設定に「トラックパッド」が現れます。

AppearedTrackpadAppearedTrackpad Photo by imudak




「トラックパッド」の中に入ると、ジェスチャを細かく設定できます。
私は、デフォルト状態から「副ボタンのクリック(右下隅)」を追加しました。
慣れてくれば、二本指操作の「セカンダリータップ」だけで十分かと思うのですが、一応念のため。

TrackpadSettingTrackpadSetting Photo by imudak



設定画面を閉じると、トラックパッドが動き出します。

IMG_0517IMG_0517 Photo by imudak



思う存分スリスリしてやってください。
ラベル:iMac Magic Trackpad
posted by imudak at 23:43| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

Magic Trackpad 開封の儀

かねがね気になっていたMagic Trackpad。
半年近くMagic Mouseと天秤にかけて悩んでましたが、
先日のApple Special Eventの目玉の一つ、次期OS Lionのデモをみていてもたってもいられなくなって
とうとう購入しました。

近所のケーズデンキで6200円弱。5%自動現金値引なので、Online Shopよりちょっとだけお得です。
品薄気味(今日は自分が最後の一個)なので、ご購入はお早めに。

さて、早速開梱の儀。

相変わらずシンプルな箱。

IMG_0509IMG_0509 Photo by imudak



「セットアップには既存のキーボードとマウス、そして付属のバッテリーが必要です。」
マウスが壊れてから買っても間に合いません。

IMG_0512IMG_0512 Photo by imudak



相変わらずシンプルな中身。
蓋を開けるといきなりMagic Trackpad本体が現れます。
右側にビラビラな耳が出ています。これは…

IMG_0513IMG_0513 Photo by imudak



本体を引っ張り上げるためだけにあります。よくできてる。

IMG_0515IMG_0515 Photo by imudak



ジャーン!

IMG_0517IMG_0517 Photo by imudak




ケーブルもボタンもなくホントすっきりしました。
今度はキーボードのUSBケーブルが気になってきました…


さて、今日でお別れしたMighy Mouse君。一年ちょっとのおつきあいでした…

IMG_0511IMG_0511 Photo by imudak



クリクリにゴミさえ溜まらなければ結構使い易い子だったと思います。
みすぼらしく見えるのは、分解して掃除した後接着剤で留め直すのをさぼって、セロテープで固定していたためです。

さて設定編は次回。
ラベル:iMac Magic Trackpad
posted by imudak at 23:52| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードT

ソニックの最新作がiPhoneアプリで出ました。

ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードT 1.0.0(iOS 4.0 テスト済み)(¥900) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードT 1.0.0(iOS 4.0 テスト済み)
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥900 App
リリース:2010/10/12


imagesimages



ソニック・ザ・ヘッジホッグが出たのが、1991年。

原色バリバリの画面。
背景が見えないほどの高速スクロール。
なんとなくアメリカンな雰囲気。

ここから私のSEGAマニアっぷりがはじまったような…
(二番手好きともいう)

さて、ソニックシリーズは、その後メガドライブで2、3(ソニック&ナックルズ)まで出た後サターンの時代に…
と思いきや、

なんとなく3Dのソニックがサターンで出たり、
ゲームギア版やメガCD版で亜流が出たり、
PS2でコレクション版がでたり…

しましたが、正当派のソニックはずっと出ずじまい…

グルグルドリームキャストででるか?と思っているうちに、とうとうSEGAは家庭用ゲームハード市場から撤退してしまいました…


ということで、今回の発売もあまり期待せず…だったのですが、

17年待ったかいありました、これ。

これ、ソニックです。

びゅんびゅん走るし、ごろごろ転がってグルグル回るし、よくリングバラまくし、よく壁に挟まれるし…

最初のACTではずっと右に走ってるうちにゴールしちゃうくせに、
中盤の面ではすぐに崖から落ちて死んじゃうところも
全く以前のテイストのままです。


iPhoneらしいところといえば、操作性。
・加速度センサーで左右移動。
・画面タッチでジャンプ
・ソニックを押し続けるとスピンダッシュ
などなど。
また、おなじみのバーチャルメガドラパッドの操作に切り替える事もできます。

ソニックマニアだった方オススメです。
ソニックやった事が無い方にももちろんオススメです。
ただ、後半は何人ソニックがいても足りないくらい難しくなりますので、ご覚悟を…


そして最後に、@hiro45jpさんにひそやかに感謝。
posted by imudak at 00:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

Android SDKインストール手順 - Eclipse 3.6( Helios )、Snow Leopard

・Mac OS X( Snow Leopard )
・Eclipse 3.6 ( Helios )

へのAndroid SDKのインストール手順です。

1. 準備

以下をインストールしておきます。

* JDK 1.5 or 1.6
* Eclipse 3.4 or 3.5 or 3.6


2. Android SDKのダウンロードとインストール

2.1. ダウンロード
http://developer.android.com/index.html

からSDKをダウンロードします。
Mac OS Xの場合は、

http://dl.google.com/android/android-sdk_r07-mac_x86.zip

をダウンロードします。

2.2. インストール

ダウンロードしたファイルを展開します。
展開してできた android-sdk-mac_x86 を適当なディレクトリに移動しておきます。
例えば、以下に置きます。

  /Users/ユーザ名/Library/android-sdk-mac_x86

2.3. 環境変数PATHの設定

sdkのツールをターミナルから使えるようにPATHを設定します。

~/.bash_profileをviなどで開き、以下を追加します。

 export PATH=${PATH}:/Users/ユーザ名/Library/android-sdk-mac_x86/tools

最後のtoolsを忘れないように。


3. ADT PluginをEclipseにインストール

3.1 ADTのSoftware Siteの追加

1. eclipseを立ち上げます。
2. メニューのEclipse -> 環境設定を開きます。Windowsの場合は、Window -> Propertyにな ります。
3. Install/Updateの中からAvailable Software Sitesを開きます。
4. Addボタンを押して以下のように追加します。

Add Site.png

 Name: Android Plugin
 Location: http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/


3.2. Install New Software

1. HelpメニューのInstall New Softwareを選びます。
2. Work withから3.1.で追加した
  Android Plugin
を選びます。
3. Developer Tools以下の、Android DDMSとAndroid Development Toolsを選択し、
 Nextを押します。

Available Software.png

4. 以下Wizardに従ってインストールします。
5. セキュリティに問題があるかも、と言われますが構わずインストールを続けます。
6. インストールが終わったところで、elipseを再起動します。

3.3. ADTの設定

1. メニューのEclipse -> 環境設定から、Androidを選択します。
2. SDK LocationにAndroid SDKをインストールしたディレクトリを指定し、
 OKを押します。

 SDK Location: /Users/kazumi/Library/android-sdk-mac_x86


3.4. Android SDK Platformなどのインストール

1. WindowメニューからAndroid SDK and AVD Managerを選択します。
2. Available Packagesを選択します。
3. 右リストの三角マークをクリックし、展開します。
4. 各バージョンのSDKが現れるので、必要なパッケージを選択します。
 例えば、最新のバージョンだけで良いなら、

 Documantation for Android SDK, API 8, revision 1
 SDK Platform Android 2.2, API8, revision 2
 Google APIs by Google Inc., Android API 8, revision 2
 Samples for SDK API 8, revision 1

を選択します。

AndroidSDKandAVDManager.png

5. Install Selectedを押しインストールを開始します。
6. 後はwizardに従ってインストールします。
posted by imudak at 23:46| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eclipse 3.6 (Helion)のインストール

以下Snow Leopard 64bit版でのインストール手順です。

1. ダウンロード
 
 Eclipse 公式サイトのDownloadsから最新版をダウンロードします。
  http://www.eclipse.org/downloads/


 今回は、
  Eclipse IDE for Java Developers
 のMacOS 64bitをダウンロードします。


2. インストール

 MacOS版には、インストーラはありません。
 適当なディレクトリで展開します。

  $ tar xzvf eclipse-java-helios-SR1-macosx-cocoa-x86_64.tar

 展開したファイルを/Aplicationsの下に移動します。

  $ mv eclipse /Applications/

 移動し、実行します。

  $ cd /Applications/eclipse
  $ ./eclipse&
posted by imudak at 00:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

twitterのつぶやきを色々なところに自動投稿する方法

ブログへの自動投稿を止めといてなんですが、そもそも自動投稿する方法を書いてなかったのでまとめておきます。


1. twitterのつぶやきをt2b( http://t2b.utilz.jp )で定時にまとめ。
2. t2bからGoogle Groupsの専用アドレスにメールで転送。
3. Google Groupsから以下に振り分けて転送
 Evernoteの投稿用メールアドレス
 ブログサイトの投稿用メールアドレス

t2bにはブログサイトに直接投稿する機能もありますが、あえて使っていません。
t2bはtwitterのつぶやきを一日ごとにまとめる機能だけを使っています。


Google Groupsに一旦メールを送るのは、自動投稿先を一括管理する為です。
つまり、

 つぶやきの整形とその定期起動→t2b
 振り分け先管理→Google Groups

という使い分けをしています。

こうしてあると、今回のようにブログの投稿だけを止めたい場合も、Google Groupsのメンバからブログの投稿用メールアドレスを削除するだけ済みます。
また別のところに投稿したくなったときも、Google Groupsへの登録アカウント(メンバ)を一つ増やすだけです。
おまけに、Google Groupsでもログを取っておいてくれるので、Evernoteと二重三重のバックアップにもなっています。

t2bの部分をGoogle Appsなんかで作っちゃえばもっとスマートなんですが…

あれれ?
posted by imudak at 02:14| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。