2013年01月21日

iPhoneでおうちでひとりでカラオケ

誰も一緒にカラオケに行ってくれないので、思い余っておうちでカラオケ環境を整えてみました。

まずは、iPhoneのカラオケアプリを落としてきます。

"伴奏部分はヘッドフォンで聞いてください"との注意書きがあり、確かにヘッドフォンと
内蔵マイクだけでカラオケできるのですが、なんだか気分が乗りません。

そこで注意書きを無視し、ヘッドフォン端子をスピーカーに繋ぎマイク音量を上げてみると…
昔なつかしのハウリングを自宅で体験できます。


ということで、カラオケっぽい雰囲気を出すためにはそれなりの道具が必要です。

一月にわたる試行錯誤の上、以下の構成になりました。

画面出力:
 DockのHDMIアダプタ経由でテレビに接続。
音声入出力:
 ステレオミニジャック接続のオーディオインターフェース(iXZ)に、
 スピーカとダイナミックマイク(CM5)を接続。
カラオケアプリ:
 JOY SOUND カラオケ+

iXZ(http://tascam.jp/product/ixz/)は4000円強の出費ですが、あとは大体
どのご家庭にあるもので揃えました。
(もし万が一仮にマイクがご家庭に無かったとしても、ケーブルつきで1000円〜です。
http://goo.gl/oFMD9 )

JOY SOUNDアプリは月350円で歌い放題です(DAMは500円/月…)ので、これからは、
 「何名さまですか」
 「ひ、ひとりで…」
 「」
なんてやりとりをしなくても、おうちで好きなだけカラオケできますね。
ぜひお試しを。
posted by imudak at 00:00| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
iXZってパワーあるのでしょうか?

以下は僕の方法です。
おうちでカラオケはしません。お呼ばれの時に持参して喜ばれています。(と思います。)

カラオケアプリは同じくJOYSOUND+

@TVはないがギターアンプのある家へのお呼ばれ時。

画面はiPhoneからテザリングでdTab。
 伴奏はdTabのイヤホン出力からアンプのaux inへ。
 歌声はダイナミックマイク(千円ほど)でアンプのinputへ。

ATV のある家へのお呼ばれ時。
  画面と伴奏はテザリング→dTab→TV接続アダプタとHDMIケーブル(1,300円ほど)でテレビに出力。
 歌声は持参したマイクとポータブルミニギターアンプで出力。これが2Wしかないので全然迫力なし。ポータブルで5W程度の中古でも良いので安いマイクアンプかギターアンプがないか探しています。

iXZって知らなかったのですが、これとスピーカーがあれば歌声が大きく出るのでしょうか。
少し高い気もしますが。
Posted by 佐藤 哲司 at 2015年01月14日 22:38
録音した歌声はiPhoneの内蔵マイクで録音した時と比べるとかなり小さいです。
joysound +ではいつもマイク最大で使っています。
ダイナミックマイクを変えてみても変わらないのでiXZのパワーの問題なんだと思います。単三電池入ってるんですけどねぇ…
Posted by imudak at 2015年01月14日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。